ED克服で勃起王を目指す|漢の再旬キャッチ

サプリメント

勃起の特効薬

ED治療の歴史と近年の治療方法

悩む男性

EDの治療は、遥か昔から行われてきましたが、本格的に行われるようになったのは近年になってからです。 当初は勃起に関する神経や血管の研究から始まり、後に陰茎の海綿体に注射を行う注射薬や経口摂取する勃起薬が開発されました。 日本において、EDで悩んでいる人は1000万人を超えており、多くの場合において原因は心因性であると言われています。 心因性のEDは、現代社会特有のストレスが原因となっていることが多く、職場や家族間の環境に大きな関わりがあります。 主な治療方法としては、勃起薬の投与が行われますが、鬱などの心因性の病気が原因となっているEDの場合には、根本となっている病気の治療が優先的に行われます。 心因性のものであっても、勃起薬だけで改善されることがあるため、医師とよく相談して治療方針を決めていく必要があります。

心因性のEDは治療薬が効く

勃起不全であるEDにはいろんな原因があります。慢性疾患、怪我や薬の影響、男性ホルモンの減少そして心因性のEDとあり、それぞれの原因を取り除くことでEDが改善することができます。しかしそれらの原因をなかなか特定することが難しいのが現状です。怪我や薬は因果関係がはっきりしており、男性ホルモンの減少は加齢によって起きるものですので特定しやすいですが、他の原因は特定が難しくなることが多いです。 特に心因性はストレスによるものですので、原因を特定するのは難しいでしょう。しかし心因性からくるEDは治療薬が効きやすいことが最近の研究からわかっています。原因がわからないED患者さんほど心因性が高いと言われていますので、試してみる価値があるでしょう。